2017年04月18日

上野:薮そば(2017/04/18)

2017年 4月18日(火)17:30頃

早朝は春の嵐だったが、一転した初夏の陽気になった。夏日になったとか?
こう暑いと冷たいものが飲みたい、食べたい。

土日は行列が出来ている「上野藪そば」であるが、今日は平日なので外に並んでいるお客はいなかった。
1人なので1階奥の蕎麦打つ場の前のカウンターに通される。

冷たい日本酒は菊正宗しかない。菊正みぞれ酒という見慣れない一品があった。
「この菊正みぞれ酒って何ですか?」と聞いてみる。
「菊正宗をシャーベット状にしてあります」
シャーベット?ということは冷たいのだ。ではお願いします。

上野藪そば20170418@ (1).jpg
シャーベットになった菊正宗は確かに冷たい。
だがお猪口にうまく注げない。どろっとしているので中に入らず猪口の横に流れてしまう。
直ぐ溶けないので、急ぐときには向いていない。
一緒に出された蕎麦味噌との相性は今一つだ。

しめは「とろろそば」を選ぶ。「ととろそば」を食べるのは何年振りだろうか。
上野藪そば20170418@ (2).jpg
どろっとしたとろろに蕎麦をさらっと通そうとするが、とろろがまとわりつき重くなる。
食べにくいが、久々に食べると美味しく感ずる。
普段はつかわぬ山葵と薬味のネギも混ぜてみる。とろろが勝つ。

意外だったのは、透き通った蕎麦湯ととろろの相性が良いことだ。
腹持ちにもなる。但し、蕎麦湯が熱いうちでないと美味しくはない。

支払いにクレジットカードが使える。さすが観光地。

< 本日のお会計 >

菊正みぞれ酒
とろろそば
===================
合計         1,666円

住所:東京都台東区上野6丁目9ー16

電話:03-3831-4728

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

田無:さらしな(2017/04/15)

2017年 4月15日(土)17時

今夜は日頃からお世話になっている義理の叔母夫妻にささやかながら御礼をする会を催した。
おやつ時ににわか雨が降ったが、夕方には快晴になっていた。

わざわざ予約したが、店内にはお客は数名で、がら〜んとしいる。

まずはビールで乾杯。

酒好きの叔父の希望で、後は冷酒に変える。
銘柄は2種だ。一つは「法螺吹き」、もう一つは名前が思えだせない。
交互に二合ずつ服用する。

天麩羅など何品か頼んだが、叔父は箸より杯が進む。
酔って転ぶと生命に関わるお年だが、気分を害さない様、酒をすすめる。

かなり酔いが回ったところで御開きにする。

田無さらしな20170415.jpg
しめは「おろしそば」を選ぶ。具を十分に混ぜてからいただく。さっぱりしていて美味しい。
普段なら入れないのだが、天かすがついていたので入れてみる。
他の味に隠れて油っぽくはない。

お店は土曜日の夜だが、お客があまり入ってこない。
晴れたので、最後の夜桜見物に出かけたのだろうか?

叔母夫妻は駅からタクシーに乗ろうとしたが長蛇の列が出来ていた。
土曜日はタクシーの台数が少ない様だ。

< 本日のお会計 >

生ビール
冷酒
おろしそば
天麩羅盛り合わせ
鴨焼き
などなど
=======================
合計           1,2000円強

住所; 東京都西東京市田無町4丁目3ー17

電話:042-450-6333

http://sarashina-souhonten.ecnet.jp/

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

高田馬場:もり(2017/04/08)

2017年 4月 8日(土)11:50頃

今日の朝は小雨が降っており、春から冬に逆戻りの陽気になった。

もり20170408@.jpg
「もり」はカウンターだけの狭い店だが、昼前に着いたので直ぐに入れた。
寒いので熱燗を呑もうかと迷ったが、メニューにはお燗は書かれていない。
最初に選んだ銘柄は売り切れていたので「鶴齢」を選んだ。
アルコールを呑むのは6日ぶりだ。やけに濃厚な味に感ずる。

お酒のお供に3点盛りを頼んだ。これは大正解だ。

いかの塩辛は細かく切ったチーズと合わせていただく。酒がすすむ。
鴨ロースには鴨の旨味が凝集されていた。
板わさは弾力がある。干した海藻は淡泊だが、口直しには丁度良い。
もり20170408A.jpg

「鶴齢」をお代りしてしまう。金銭面では大失敗と言える。
今日のところは、5日間連続で禁酒した自分へのご褒美だ。

しめは「せいろ」。鴨南蛮にしたかったが鴨ロースを食べたので、これ以上の贅沢は避ける。

蕎麦は3種盛りをオーダーしているお客が多い。
ここはシンプルに「せいろ」(「もり」だったか?)にした。

細い蕎麦は喉をスルスルと通る。かなり酔っていたので、蕎麦の出来については良く覚えていない。
白濁した蕎麦湯で汁を割る。濃い目の汁なので、たっぷりと蕎麦湯を呑める。

途中、何組かのお客が外で待っていた。
空いている席があったので店主に注意を促したが「手が回らないので待ってもらいます」との答えが返っていた。
アルバイトの女性が1人いたが、料理は全て1人で作っている。
カウンターだけの広さで、8人入れば満席になってしまうが、1人で8人は相手に出来ぬという訳だ。
料理人と言うのは大変な仕事である。


< 本日のお会計 >

鶴齢2合
3点盛り
せいろ
===================
合計          3,100円

住所:東京都新宿区 高田馬場1丁目3ー10

電話: 090-1764-1136

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

野方:和田(2017/04/01)

2017年 4月 1日(土)13:30頃

さて久しぶりに蕎麦でも食べに行こう。
野方の「藤二郎」の後に新しい蕎麦屋が出来た筈だ。行って見よう。

西武新宿線野方駅で下り、北に向かって歩く。あれ?シャッターが下りている。
貼り紙など案内は出ていない。お腹すいたし、また電車に乗る気力はない。
今日は真冬並みに寒いので、早く体を温めたい。

野方和田20170401@.jpg
「和田」はお客は2組しかいなかった。
「テーブルにどうぞ」と店主に促される。窓際は明るい。

まずは熱燗だ。「大雪の蔵」を薦められた。
ホタルイカの沖漬けは品切れだった。残念だなあ。

野方和田20170401A.jpg
代り頼んだ「出し巻たまご」は2人分の量があった。
減塩中なので醤油はたらさず大根おろしだけで食べる。甘みが全くない。

だんだん酔いが回ってきた。

締めは「鴨南蛮そば」にしよう。
野方和田20170401B.jpg
鴨肉は大きくはない。歯応えはある。あまり脂は出ない。
蕎麦は少し緩めだ。ネギも茹で上がっている。

蕎麦湯をいただき残り汁を飲み干す。
今日は寒いが、鴨の季節は過ぎてしまった。時がたつのは早い。
来週は桜が満開になる。


< 本日のお会計 >

大雪の蔵
出し巻たまご
鴨南蛮そば
=================
合計        2,350円

住所:東京都中野区 野方5丁目3ー1

電話:03-3338-3400

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

三鷹:囲み家(2017/3/4)

2017年 3月 4日(土)13時15分過ぎ

吉祥寺は人出が多かったので、昼時と言うこともあり少し静かに過ごしたかった。
久々に「太古福家」に寄ったが、階段の下には数名待っていたので諦める。
三鷹囲み家20170304@.jpg
「囲み家」は駅から離れていることもあり、先客は2組だけだった。
いつもの正面右手の2人席に陣取る。先客はお会計をすまそうという状態だった。

昨夜は3軒もハシゴしてしまい絶不調だ。
しかし「二日酔いには迎え酒」にチャレンジしてしまう。酔いは直ぐに回る。
つけ出しのピーナッツは殻がきれいに剥けずに、テーブルの上に殻が散乱してしまう。
いつものでことではあるが、不器用な自分が情けない。

三鷹囲み家20170304A.jpg
体調と気分を整えるには「トマトの甘酢漬け」は最適であった。ちょっと甘めの酸味が体に鋭気を与える。
この品を選んだ自分を褒めたい。

ちょっと迷ったが、ここの「鴨南蛮そば」は1000円しないのでオーダーしている。
鴨肉はまるまるではなくスライスしてある。肉厚の鴨を食べたいと思うと、この肉では満足できないだろう。
汁は醤油っぽく感じた。熱された蕎麦を口に運ぶのは難儀だ。

三鷹囲み家20170304B.jpg
蕎麦湯で残り汁を割る。量は多い。丼の底に少し残してしまった。
胃はガボガボだ。二日酔いは抜けたが、今日の酔いは残った。


< 本日のお会計 >


トマトの甘酢漬け
鴨南蛮そば
========================
合計            2,170円

住所:東京都三鷹市下連雀3丁目3ー23

電話:0422-77-3905

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

杉並:まん月(2017/2/4)

2017年 2月 4日(土)12:15頃

今日は快晴で、風が吹かなければ暖かくなった。だが自転車に乗っていると風が体を冷やしてしまう。
早く温まりたい。
杉並まん月20170204@.JPG
「まん月」の店の前には行列客のための椅子が置いてある。丁度、昼時になったがまだ座っている人はいない。
暖簾をくぐる。店内は既に半分ぐらいは埋まっていた。左手の2人席に通される。
この店はお酒にはかなり労力を割いており、定期的に利き酒会を開催している程だ。
だが今日は熱燗だ、熱燗は2銘柄しかないので、東北泉を選ぶ。

熱燗には揚げ蕎麦がついてくる。太めの蕎麦だ。
杉並まん月20170204A.JPG
つまみには「もずく酢」を選んだ。メニューには極細と書いてあったが、確かに細い。長く糸を引く程だ。
うずらの卵とおろし生姜、そして濃い目の酢が体に刺激を与える。

しめを「鴨南蛮そば」にするか迷ったが、今日は「かき南蛮そば」を選ぶ。2年ぶりだろう。
杉並まん月20170204B.JPG
見た目から美しい。ぷっくりとした牡蠣に目を奪われる。
蕎麦は細めで、熱々だ。少し伸びているので、食べにくい。かきはプリプリで美味い。
好きな物を好きな時に食べる。これに勝る幸せは、そう多くないだろう。

お客は次々と訪れ、外で行列ができて行く。足の便が良い場所ではないのだが、豊富なメニューで人気があるのだろう。

そば湯は丼に直接注ぎ、飲み干す。熱燗と南蛮で体はポッカポカに温まった。ああ幸せ。


< 本日のお会計 >

熱燗(東北泉)         600円
もずく酢            450円
かき南蛮そば        1,500円
======================
小計            2,550円
消費税             204円
======================
合計            2,754円

住所:東京都杉並区和田3−10−3

電話:03−3381−2770

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

神田:周(2017/1/27)

2017年 1月27日(金)18時過ぎ

「周」と書いて「あまね」と読む、由来は聞き忘れた。

神田と言っても、間もなく大手町という場所に店はある。小路を入ったところにあるので、注意していないと見落とす。
周20170127@.JPG
大きな暖簾がかかっており、見た目は蕎麦屋と言うより小料理屋だ。
中に入る。左手がカウンター、奥にテーブル席がある。先客はいない。カウンターの一番奥に陣取る。

「日本酒と蕎麦」と謳うだけあって、店主の酒へのこだわりはメニューを眺めれば痛い程感じられる。。
今夜は暖かくなってきたが、まだ燗酒を体が求めている。
「常温ですか?」とおばさんが聞く。
「いや燗で」と抗う。
「澤の花」はぬる燗で出てきた。特に辛くなく甘くなく、心身を癒してくれる。

周20170127A.JPG
お通しは菜の花の白和えだった。まるで小料理屋。

「鶏レバー甘辛煮」を頼む。しばらくたって出てきた。出来合いではなく、その場で煮ていた。
レバーは硬からず柔らからず。美味い。流石、朝じめだけのことはある。すっかり機嫌が良くなった。
周20170127B.JPG
この後は月に1回の呑み会で、今夜は飲み放題食べ放題だ。蕎麦はシンプルに「もり」を選ぶ。

周20170127C.JPG
蕎麦は硬からず柔らからず、食べやすい食感だ。
汁は出汁がとても効いている。蕎麦湯を注ぐと、出汁の旨味だけ感ずる。蕎麦の汁という入り、手のかかっただし汁だ。
薬味は生山葵とおろし大根。生山葵は舌を打つ。

BGMは最初はR&Bだったが、モダンジャズへ移った。店主の趣味か?店の雰囲気とは合わない。小料理屋だから。

夜は21時半ぐらいまでで、遅くとも22時には閉めるという。
この1時間、他のお客は現れなかった。今夜は金曜日だ。こんなにお客来なくて大丈夫かな。


< 本日のお会計 >

澤の花
鶏レバー甘辛煮
せいろ
====================
合計          2,650円

住所:東京都千代田区内神田2丁目4ー11

電話: 03-3256-5566

URL :http://www.soba-amane.com/

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

菊名:そば香(2017/1/22)

2017年 1月22日(日)11:35頃

東急東横線菊名駅で下り、線路を右手に見て南に向け歩くこと数分。
道路を挟んでTSUTAYAがある。日曜日の開店は午前11時半だ。5分ほど遅れた。
菊名そば香20170122@.JPG
店の外から少し店内が見えるが、早くも数組お客がいる。暖簾を潜る。店内は狭い。
右手にコの字のカウンター8席、左手に4人席テーブル一卓と2人席テーブル一卓だ。
カウンターの一番奥に陣取る。

今日は快晴で、多少気温は上がってきたが、熱燗で行こう。

本醸造「玉の舞」を選ぶ。ビンに入ったままで温めて出てきた。お店のラベルが貼ってある。
少し甘い酒だ。
「昆布の煮つけ」がついてきた。見た目は濃い。食べてみるとそれ程濃くはないが甘い。
菊名そば香20170122A.JPG
「自家製板わさ」はプリプリとした食感はないが、旨味が詰まっている。料理上手だ。

昼時に入って、店内は満員になる。外で待っているお客もいる。
目の前の厨房はフル回転だ。パチパチと油が跳ねる心地よい音が響く。
狭い厨房にコック姿の男性が3人、フロア担当の女性1人がいる。かなりの人気店の陣容だ。

さて「鴨南蛮そば」を頼もう。店名に「鴨屋」がついているので、期待は膨らむ。
菊名そば香20170122B.JPG
目の前に出てきた「鴨南蛮そば」は見るからにボリューム感がある。
右手に赤みを帯びた鴨肉が並び、左手には細く切った白いネギがたっぷりと盛られている。

メニューに書いてあったので鴨はスモークであることは判っていた。肉厚でスパイシーだ。
蕎麦は細い、汁はとろみがある。この熱さでは、そばは直ぐに伸びてしまいそうだが、そうでもない。
しっかり打たれているのだろう。
鴨のつくねが1つ入っていたが、とてもジューシーだった。
ふうふうしながら、あっという間に完食した。

汁には細かい脂が浮いている。レンゲで掬って飲んでみる。深みはあまり感じられない。
鴨がスモークされて脂が閉じ込められているからだろうか?

蕎麦湯を足し、しっかりと飲み干す。

お昼時、次々お客が入ってきたが、アルコールを飲んでいる人はいない。
家族連れも多い。日常食として人気のある店だった。

BGMはずっと心を和ませるギターソロだった。


< 本日のお会計 >

玉の舞
自家製板わさ
鴨南蛮そば
=====================
合計           2,310円

住所: 神奈川県横浜市 港北区菊名4丁目1ー11

電話: 045-401-9600

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

保谷:すずき(2017/1/21)

2017年 1月21日(土)11:35頃

久々に保谷駅まで出かける用事があった。暫く足が遠のいていた「そばきり すゞ木」に寄ろう。

ポケット版の地図を持っていたのだが、道に迷う。
スマホのナビを使えばいいのだが、今日は寒くて手袋をして自転車に乗っていたのでナビは使えない。
保谷すずき20170121@.JPG

保谷すずき20170121A.JPG
ようやく見覚えがある一戸建てに辿りついた。住宅街の一角にあるので、フリーのお客は来ないだろう。
最寄の道路沿いに看板は出ていたが、判りやすくはない。

開店直後で他にお客はいない。
「どうぞ」と4人が座れるテーブルに通される。

店内には弦楽四重奏が流され、厳かな雰囲気を醸し出している。

品数は非常に少ない。昔はもっと有った様に思う。
この店で初めて食べた時、「料理はセンスだ」と思い知らされた。今日見るメニューには奇をてらった様な名前の料理はない。

身体は冷え切っていたので酒は熱燗で「紅白梅」にした。蕎麦は「蕎麦三昧」を選ぶ。
「鴨南蛮」も恋しいが、明日食べる予定なので、今日は外す。

保谷すずき20170121B.JPG
まず「そばどうふ」が出された。普段食べる「そばどうふ」はメインはとうふが多いと思うが、これはそばがどっしりと座っている。美味い。

前菜には、チャイルドコーンと(品種は何だったか思い出せない)青菜の塩ひたしの二品。チャイルドコーンって、こんなに美味しいんだ。吃驚。

保谷すずき20170121C.JPG
「そばがき」は蕎麦の旨味に溢れている。腹持ちも良さそうに感ずる。

蕎麦は二種。

まずトマトとクリームの汁に平打ちの蕎麦が入った温かいそばだ。まろやかで体に優しい。小皿だったので、お代りがしたかった。
保谷すずき20171021E.JPG

しめは王道の「せいろ」が登場した。見た目からシンプルで美しい。
保谷すずき20170121D.JPG
薬味は辛味大根のみ。
保谷すずき20170121F.JPG

蕎麦は濃厚で、汁も見た目通り濃くねっとりした食感だが、とても美味しい。この汁はどうやって作っているのだろうか?

この店の料理は興味をひくものばかりだ。やっぱりセンスが違う。

< 本日のお会計 >

紅白梅
蕎麦三昧
======================
合計           2,200円

住所:東京都練馬区南大泉4丁目43ー32

電話:03-5387-2010

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

新井薬師:浅見製麺所(2017/1/14)

2017年 1月14日(土)11:35頃

今日は今年一番の寒波で寒い。体を温めたい。

寒いが、健康のためには多少は歩かないといけないので、新井薬師駅で下り「浅見製麺所」を目指す。
開店は午前11時半の筈だが、「仕度中」の札が出ている。
丁度、通りかかった2人組は「ここ入ろう」と一度は決断したが、札を見て去って行った。
こっちはそうはいかぬ。扉を開け、中にいた人に声をかける。
どうやら開店時間が過ぎたことに気が付いていなかったらしい。
新井薬師浅見製麺所20170114@.JPG
一番乗りなのでカウンターの奥に陣取る。店内は狭いので、1人で来てテーブル席は叶わぬ。

さあ熱燗だ。
「お勧めは?」と尋ねる。
「お安いのは〆張鶴ですね」それでいこう。

肴に「南蛮漬け」を頼んだが、直ぐに出てこない。普通は作り置きだろう。
だが目の前の厨房では、何かを揚げているか、炒めている音がする。料理している。なぜかな?
待っている間に、杯を重ねる。
新井薬師浅見製麺所20170114A.JPG
目の前に出された南蛮漬けは、香草が盛られている。その下に魚のソテーがあったが、酢の味はあまりしまい。
こういう南蛮漬けもあるんだ。

半分も食べない内に一合は空になった。
「次は何がお勧めですか?」答えは出羽桜。ではそれで。
出羽桜は〆張鶴に比べると、ちょっとねっとりした味がした。
新井薬師浅見製麺所20170114B.JPG
今年は蕎麦屋でのしばりがない。昨年は我慢していた穴子に手を伸ばす。

穴子天麩羅とそばは別だしだった。

穴子天麩羅は見た目ふっくらしており、食感はモチモチだった。塩は辛い。

温かいそばは、あさつきやきざみ海苔が載っている。海苔が香ばしい。
汁は甘い。かけそばではないので、天麩羅入れるのは止める。
衣に汁が染みわたり、衣が脱げ落ちそうなになった穴子を食らうというイメージとは違うが。

蕎麦湯はそば粉をとき、汁物の器に盛られて出てきた。一口飲んだ後、残りは全て残り汁に注ぐ。
勿論、残さず飲み干す。身体はぽっかぽかになっていた。

かれこれ1時間半近くいた その間に来たお客は、小さな子供連れの家族と男一人だった。
テーブル席でもお店は困らなかった。いや、こんなにお客が少ないのでは経営的には困るだろう。
正月を過ぎて、人出は一段落しているのだろう。

「雪が降ってきたよ」店の従業員2人目が厨房に知らせる。こう寒いと人出にも影響はあるな。
それでも新井薬師には数名の参拝客が訪れていた。TBSラジオでの「目の神様、新井薬師」のCM効果だろうか。

< 本日のお会計 >

〆張鶴
出羽桜
南蛮漬け
穴子天麩羅そば
======================
合計           2,830円

住所:東京都中野区新井1丁目22ー5

電話: 03-3386-7750
以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする