2020年12月18日

田無:さらしな(2020/12/18)

2020年12月18日(金)18:35頃

元の職場の友人と久しぶりに田無駅改札口で待ち合わせた。時間通りに現れた。
店は空いていた。昨日、東京のコロナ感染者数は過去最多の800名を超えているので混んでいる方が意外な今日この頃だ。

あまり食べれそうにない。牡蠣が入った2点盛を選ぶ。
田無さらしな202 01218?-1.jpg
日本酒は避け、芋焼酎の富之宝山のお湯割りを選んだ。喉に少し染みる。

このご時世、明るい話題は少ない。病み上がりを気にしてくれて早めに蕎麦を選ぶ。
具は今の胃腸には負担がかかりそうだ。蕎麦は消化が良くないので、更に負担はかけないほうが得策だ。悔しいが。
「かけそば」を選ぶ。
田無さらしな202 01218?.jpg

友人は「さらしな」を選ぶ。さらしなは真っ白だった。

汁は濃く感じる。レンゲを借りる。蕎麦を載せ、よく噛んでから食べる。
残り汁に蕎麦湯を注ぐが、ちょっとだけしか飲めなかった。まだ喉をすんなりと通らない。
これで今夜は打ち上げだ。奢って貰った。次は奢る番だ。いつになるやら。


< 本日のお会計 >

富之宝山                 円
2点盛り                 円
かけそば                 円
=======================
合計              ご馳走様でした。

住所:東京都西東京市田無町4−3−17

電話:0424-50-6333

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

新井薬師:吉(2020/11/26)

2020年11月26日(木)13:30

栄養士から「消化に悪い食物は避けて下さい」と指導を受けている。その一つは「蕎麦」だ。
とは言え、永遠に食べないで済むとは思えぬ。そろそろ一度試してみよう。

*
?????2020 1126@.jpg
西武新宿線新井薬師駅から徒歩1分だが、地理不案内な人には分かりやすくないかもしれない。

?????2020 1126A.jpg
先客は老夫妻だけで帰ろうかという時だった。

「14時で店じまいですがよろしいですか?」と女将に聞かれる。
アルコールは呑めないし、肴も食べれない身なので大丈夫でしょう。

昼のメニューは品数が少ない。温かい蕎麦は、かけと海苔しかない。
「海苔などの海産物は喉にこびりつきやすい」ので避けた方が良いと栄養士に指導されているので「かけ」しか選べない。

*
?????2020 1126B.jpg
目の前に出てきた「かけ」は薄目の汁に優雅に漂っていた。蕎麦は細い。
蕎麦を食べるのは3ケ月ぶりだ。慎重に箸で蕎麦をつかみ、口の中へ。蕎麦の香りがする。
美味しい。味覚は狂っていない。
だがしっかり噛んで飲みこまなければならない。
咽たりしないためだが、やはり味気ない。食べるのに時間もかかる。

レンゲで汁を掬い、口の中に。出汁がきいており上品な味だ。美味しい。
だが咽るといけないので多くは飲めない。

何とか蕎麦を食べつくす。
蕎麦湯をお願いしたら、予想以上にたっぷり出てきた。
蕎麦猪口に1杯だけ入れ残り汁を足す。一口飲むのが精一杯だ。
3ケ月前なら飲み干していた・・・
今日のところは食べれたで満足するしかない。

*

東京都はコロナ感染者の急激な増加を受け、アルコールを出す飲食店に時短の要請をだした。
「吉」は前回の要請後、ずっと営業時間を短縮していると言う。
「夜はお客さんが来ません」

期待していた西武新宿線の地下化工事は当初計画より6年も多くかかると言う。
商店街はシャッター通りになっており、店がもつか不安を抱いた。

昨年の蕎麦会の忘年会はここで行ったが、話題には出なかった。
まあ1年間1回も訪問していないので覚えて貰うのは無理だ。
手書きで営業時間を修正した名刺をいただいて辞する。

< 本日のお会計 >

かけ
====================
合計   990円

住所:東京都中野区上高田3丁目38−11 響SOU

電話:03-3386-2919

以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

渋谷:福田屋(2020/8/25)

2020年 8月25日(火)18:00頃

仕事終わりで、まだ明るい渋谷はかなりの人出、それも若者が多い。
マスクをしていない若い奴らも珍しくない。
ここ数日、感染者数の減少が伝えられているが、安心感ももたげてきているのかもしれない。

とは言え、飲食業は辛そうだ。FOOTERSは撤退してた。新宿の店も閉めていた。
動かす人と金が多いハコが大きい店程、苦しいのかもしれない。

*

階段を上がって「福田屋」へ。空いている。4人席が難なく使えた。

酒のメニューが充実していた。有名な銘柄が揃っている。勿論、安くはない。
ここは庶民的な値段の酒「金婚」を選ぼう。

今まで果たせなかった「コロッケ」(昼では出会ったことがない)を選ぶ。
ついつい「穴子とキュウリの酢もの」にも手を挙げてしまう。

お通しにきんぴらごぼうが出てきた。これ一品で酒一合には十分な量だ。
七味唐辛子を振っていただく。

渋谷福田20200825A.jpg
揚げたてのコロッケ(2個)は元祖コロッケだ。具は少なく茹でたじゃがいもがメインキャストだ。
隠し味にカレーが入っている?ソースはオリンジナルの多分ケチャップ+ソースだと思う。

渋谷福田20200825@.jpg
穴子は細く短く切ってあり目立たない。キュウリとワカメが主役だ。量は多い。

この後、用事があるので二合目へじゃいかず「冷やし茄子そば」で締める。
目の前には温かい蕎麦の丼一杯に盛られた蕎麦と茄子だ。
「量が多い。食べきれるか・・・」

茄子の煮びたしは柔らかく、体に優しい。
蕎麦は細めなので以外とツルツルと喉を通っていく。
薬味はおろし生姜とネギだ。蕎麦と混ぜてしまう。

最後は、えいやっで食べきる。蕎麦湯はもらわず、汁は少し残した・

パンパンである。それでも3000円かからない。
道玄坂の蕎麦パラダイスは健在であった。
中国人(?)の姉ちゃん達も一次接客(日本酒の銘柄のチョイスは出来ない)として店を支えている。

いつまでも続けて欲しい。

< 本日のお会計 >

金婚              550円
コロッケ            600円
穴子とキュウリの酢もの     550円
冷やし茄子そば       1,200円    
======================
合計            2,900円

住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目25~15

電話:03-3476-6437

                 以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

銀座:真田(2020/8/24)

2020年 8月24日(月)19:00頃

銀座に来るのは久々だ。平日の夜、退社時間帯なので人通りはある。
だがコロナ以前だったら、まっすぐ歩けなかったろう。外人もめっきり少ない。

銀座真田20200824@.jpg
店は一等地にある。1階には長野県のアンテナショップ(多分)が入っている。
エレベーターで3階に上がる。格調のある大きなの暖簾がかかっている。
店内は黒で装飾され、BGMはJAZZである。蕎麦屋というより高めの今風割烹に近い。
先客は2組のみ。ここの経営も苦しそうだ。

銀座真田20200824B.jpg
*

あまり時間が無い。メニューを端から端まで目を通す。
やはり場所柄高い、特にお酒が。

銀座真田20200824A.jpg
「夜明け前」を選ぶ。今の気分、状況にぴったりだ。実際、明けるかがわかるのには1ケ月以上かかる。
辛口だがとろみもある。
お通しでキュウリと大根が出てきた。歯応えがあり瑞々しい。田舎味噌をつけシャキシャキと食べる。美味い。
これがついていると知っていれば、肴はいらなかった。

銀座真田20200824C.jpg
「にしんの煮つけ」は中々出てこなかった。一口食べる。丁寧な作りで上品な甘さだ。
歯応えがあり身がしまったにしんは5枚あり、一人では多い。コスパは良い。

銀座真田20200824D.jpg
しめは「せいろ」。信州そばなので、蕎麦は太く硬め。喉にスルスルとはいかぬ。
かみしめて楽しむ。
汁は雑味を感じさせない。生わさびは鼻をつく辛さだ。
蕎麦湯を残り汁に注ぎ、薬味の白ネギを加える。

時間が迫っている。さあ行こう。
銀座真田20200824E.jpg

< 本日のお会計 >

夜明け前 辛口 中グラス  1,023円
お通し             495円
にしんの煮つけ         880円
せいろ           1,045円    
=====================
合計            3,443円

住所:東京都中央区銀座5-6-5 NOCOビル3F

電話:03-5537-7355

URL:https://ginza-sanada.com/

                 以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

吉祥寺:ひより(2020/7/11)

2020年 7月11日(土)13:30頃

東京のコロナウイルス感染者は連続2日、200人を超えている。
しかし家にずっといるだけでは気晴らしにならない。吉祥寺に出てみた。
コロナ以前より気持ち人出は少ないか?

吉祥寺ひより202 00711?.jpg
大分前に目に留まった「ひより」に初めて入ってみた。
「酒 肴 蕎麦」とあり、品数は豊富で居酒屋としても使える店だ。

おっ、しめ鯖がある。選ぼう。
日本酒は高めだが、ここは焼酎ではない。「上喜元」を選ぶ。

家族連れが3組。幼児や小学生だ。幼児のくったくのない笑顔に癒される。

吉祥寺ひより202 00711?-2.jpg
「しめ鯖」は当りだった。新鮮で脂ものっている。
生山葵は甘く辛い。上物だ。

もう一合といきたいところだったが、映画を観るつもりだったので止めておく。
値段も高いし。

吉祥寺ひより202 00711?-1.jpg
しめは「もり」。信州そばなので太目だ。歯応えがある。
汁は一口目は出汁が濃く感じたが、その後は気にならない。ツルツル食べれた。

蕎麦湯を注ぎ飲み干す。昼はクレジットカードは使えなかった。
良い店でが、建物の修繕工事のため閉店してしまう。残念だ。

すっかり酔いが回った。映画は次の機会にしよう。

p.s 今日で200人超えは3日間連続になった。


< 本日のお会計 >

上喜元一合         1,000円
しめ鯖             730円
もり              600円
======================
合計            2,330円

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目26−4

電話:0422-27-1029

                  以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

田無:砂場(2020/7/4)

2020年 7月 4日(土)13:20過ぎ

混んでいる時間を少し外して行った。

えっ、蕎麦売切れ!
驚いた。「進士」でこんなことは初めてだ。困った。

一番近いのは「砂場」だった。ここは店内が狭い。
暖簾をくぐる。丁度、1席ずつあけて座れた。

今日は激しい二日酔いで、胃がムカムカする。ここは迎い酒だ。

「2合でなくて良いですか」
「ハイ」2合は1合2杯より割安な値段に設定されている。

田無砂場20200704@.jpg
つまみは3点盛を選ぶ。板わさは太い。弾力がある。
鴨も厚いが野趣には欠ける。

中途半端につまみが残る。ここはもう1合行こう、行くしかない。
銘柄は高清水から浦霞に変える。

田無砂場20200704A.jpg
しめは「せいろ」。2合服用したら、軽い蕎麦しか食べる気力が残っていなかった。
汁は濃いめ。ツルツルと喉を通るが、味はわからなくなっていた。
自粛期間が長く長くなる程、アルコールは弱くなる。

蕎麦湯を残り汁に注ぎ、飲み干す。ルチンの力で元気になろう。


< 本日のお会計 >

高清水
浦霞
3点盛
せいろ
==================
合計         2,610円

住所:東京都西東京市田無町4-25-1

電話:042-463-8717

                 以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

猿楽町:松翁(2020/6/30)

2020年 6月30日(火)14時前

受付で検温を求められる。オムロン製だ。脇に入れる。直ぐに鳴る。
「えっ!37.1℃」検温をして驚く。朝は35.5℃だったのに・・・
「もう一度検温して良いですか」
OKをもらい再度チャレンジ。37.0℃だった。
受診は出来たのでコロナではないのであろう。

*

気分を和らげよう。ネットの情報では15時半まで開店している。
小雨の中、店へ。暖簾がかかっている。
????? 松翁202 00630?-1.jpg

店内には数名の客。手前の4人席に陣取る。

エネルギー源は「浦霞」。喉に染みる。
肴は「穴子のにこごり」。
?????2020 0630A.jpg
柔らかくフニャフニャしており、箸ではつかみにくい。
穴子も柔らかく溶ける様だ。

悩んだ上で「けんちんそば」を選ぶ。これが一番コスパがよい。
この店に来るたび「けんちん」を選びたくなる。

「ざるそばとけんちん汁もありますよ。けんちんに蕎麦つけて食べる方もいます」
女将(お母さん)に薦められ頷いてしまう。今日は涼しい方だが、蒸し暑い季節ではある。

????? 松翁202 00630?.jpg
ざるそばの汁は濃口を選ぶ。薬味に胡麻があったので、3口目から入れてみる。
そばはけんちん汁をつけても食べてみる。いろいろと楽しめるのが、このセットのよいところだ。

けんちん汁はそのまま飲み干す。
汁には蕎麦湯(そば粉を溶いたもの)を加える。汁の旨味はしっかり残っている。

お客は時々入って来た。コロナであっても、名店は生き残れるだろう。


< 本日のお会計 >

浦霞
穴子のにこごり
ざるそばとけんちん汁
====================
合計          3,040円

住所:東京都千代田区神田猿楽町2丁目1−7

電話:03-3291-3529

                  以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

東伏見:三晃庵(2020/6/25)

2020年 6月25日(木)13時頃

もう少し遅く来るつもりだったが、早く着いた。
店内は満席に近い。カウンターに通される。両サイドにお客がいる。
右手は若者、恐らく東伏見にグラウンドがある早稲田の学生だろう。
他にも数名、早大生がいた。

ランチタイムなのでお酒を飲んでいる人は少ない。
こちらは憩いに来たので「高清水」を選ぶ。

東伏見三晃庵20200625㈰.jpg
「もつ煮」の味付けは濃くない。七味唐辛子を沢山振る。
やきとん屋の「もつ煮」より値段は若干高めであることに気づく。
やきとん屋の方が経営努力をしているのだろうか。

客は急速に減っていく。ではもう1合。

目の前は厨房だ。皆さんマスクをつけている。
揚げたり茹でたりが多い。「熱い」ため息をついている。
一段と酷な職場になってしまった。

東伏見三晃庵20200625㈪.jpg
しめは「冷やし天なす薬味おろし」。
みょうがの香りが強い。シャキシャキして食感がよい。
大根おろしはたっぷり隠れていた。
大ぶりのなすは3枚。汁に浸していただく。
今日は暑くはないが、食欲のない暑い日には適した一品だった。

汁はほとんど残らない。蕎麦湯は頼まず啜ってしまう。

ここ3ケ月間、コロナによる自粛でほとんど外で呑んでおらず、酔いの廻りが速い。


< 本日のお会計 >

高清水2合   500円×2=1,000円
もつ煮              550円
冷やし天なす薬味おろし    1,000円
=======================
合計             2,550円

住所:東京都西東京市富士町4丁目13−21

電話:042-461-0544

                   以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

新宿:渡邊(2020/06/24)

2020年 6月24日(水)12時45分ごろ

ランチタイムは外すつもりだったが、早く着いてしまった。店内は満員だ。
手を消毒する。数分待って奥の席へ通される。直ぐ相席になった。
かき入れ時なので、客と客の間をとるのは難しいのだろう。
相客は正面には座らなかった。

まずは菊正宗だ。壜と小さなワイングラスが出された。冷えている。
新宿渡邊20200624㈰.jpg

にこごりは緩めで箸でつかむのが難しい。鳥の皮(?)が入っている。
新宿渡邊20200624㈪.jpg

しめは納豆そばを選んだ。そばの上に具材が分かれて載っている。
新宿渡邊20200624㈫.jpg
それをグルグルとかき混ぜる。ネバネバしていて体にエネルギーを与えると期待する。
いや、錯覚か。
一気に食べ終わる。残り汁に蕎麦湯を注いで飲み干す。

「そばはコロナの感染症対策に有効」だったりすると蕎麦屋に人が殺到し三密になってしまう。
そういう日が来ないことを望む。


< 本日のお会計 >

菊正宗           470円
にこごり          400円
納豆そば          900円
====================
合計          1, 770円

住所:東京都新宿区西新宿1−12−1−10

電話:03−3348−9126

                 以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

武蔵関:甚作(2020/6/13)

2020年 6月13日(土)午前11時15分

東京アラートが解除され、予想通り小池都知事は都知事選への出馬を表明した。
東京アラートはなくなると言う。感染者が増えたら、どう警告するのだろうか?

梅雨に入り今日は朝から雨が降り続いている。感染のリスクを減らすには空いた時間帯を選ぶことだ。
午前11時開店の「神作」には10分過ぎに着いた。早くも常連と思しき高齢者がポツポツと入っていた。

この店は蕎麦屋としては広めで、感染対策で席は少しゆったりとってあった。

?????2020 0613@.jpg
まだ午前中だが、酒を嗜む。蕎麦味噌はねっとりしている。
一合では勿体ないので二合目に手をつける。

?????2020 0613A.jpg
しめは「鴨せいろ」。汁は濃くギトギトしている。鴨肉は歯ごたえはあるが野趣は感じない。
蕎麦は二段重ねだ。見た目より量がある。お腹は一杯になった。
蕎麦湯を注ぎ残り汁を飲み干す。
コロナ以前では2時間程度かかっていたが、コロナ後は1時間ぐらいでお会計になっている。
心の中で「長居は無用」が染みついてしまった。

随分前に貰った割引券が使えた。嬉しい。


< 本日のお会計 >

菊水(辛口本醸造)二合
蕎麦味噌
鴨せいろ
割引券         ▲ 100円
=====================
合計          2,450円

住所:東京都練馬区関町北2丁目28−14

電話:03-3920-2228

URL:http://jinsaku.com/

                  以上
posted by Dr.White at 00:00| Comment(0) | 蕎麦紀行(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする